Archive for 磁気刺激療法は安全か

磁気刺激療法は安全なのでしょうか。

電気ショック療法と磁気刺激療法の比較は良くあります。

両者はメカニズムがまったく異なります。

そこから危険性・安全性の大小をくらべてみましょう。

■両者をくらべるとその仕組みがまったく違う。

電気ショック療法は、外部から脳に電気ショックを与えて、ある意味ではそのショックで脳の覚醒を促そうとするものです。

そのショック時の影響は脳全体に広く及ぼされます。

そのため、本来であれば健康体(正常)である脳の神経組織や機能にも悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

治療後に起こるけいれんやめまい、物忘れなどがその1つです。

それに対して磁気刺激療法は、ショックを与えるものではありません。

磁気の力でピンポイントで脳の奥深くへ効果を送り届けるものです。

限られた範囲なので、他の脳への影響がなく、そのため副作用そのものがありません。

■2つを比較するなら磁気刺激療法のほうが安全。

以上のような理由から、“危険性”という意味においては圧倒的に電気ショック療法のほうが高いと言えます。

そのうえ磁気刺激療法では、1回の施術時間が数分と短く、極めて限定的な範囲です。

電気ショック療法は30分~1時間を要し、治療後は副作用の出方などを見極めてからの終了となります。

■安全性が高く危険性が低いのは磁気刺激療法です。

症例が少なく絶対視はできませんが、選択するなら磁気刺激療法です。

いまのところ日本で磁気刺激療法の設備を取り入れているクリニックは限られています。

症例が少ないので絶対視はできませんが、どちらを選ぶかという二者択一なら、磁気刺激療法です。

磁気刺激療法を受けるには入院の必要がありますか?

磁気刺激療法は電気ショック療法とは違って副作用や後遺症はないとされる活気的な療法です。

メリットを含めて概要を紹介しましょう。

■短い施術時間で通院しながら終われる療法。

基本的に磁気刺激療法は、1回の施術時間が数分で終わり、痛みも副作用もないので、それが真実だとすれば入院の必要はありません。

脳に磁気的な刺激を加えて数分間それを繰り返し、トータルで15分程度が経過すれば治療は終わります。

クリニックなどの受付・待ち時間を計算に入れても30分~40分程度です。

副作用はないので、そのまま歩いて帰宅できます。

日本で磁気刺激療法を行っているクリニックは少ないですが、運良く勤務先の近くにあれば、仕事を抜け出して気軽に通院できます。

■電気ショック療法と間違えないように注意。

うつ病発症から3年が経過していて投薬の効果も少ないということであれば、磁気刺激療法に切り替えても良いかも知れません。

ただし電気ショック療法と磁気刺激療は根本的に違うので選択するときは気をつけてください。

電気ショック療法は外部から脳に強いショックを与えるもので、効果も高いが脳へのリスクも大きいとされています。

磁気刺激療法は極めてピンポイントに脳の奥深くの特定箇所に磁気の力で刺激を与えるもので、脳へのリスク、それによる副作用がないとされる療法です。

■現状において磁気刺激療法の副作用は発表されていません。

個人差はありますが安全性からいえばかなり信頼できます。

日本ではまだ症例が少ないということもありますが、磁気刺激療法の後遺症は発表されていません。

副作用もないので通院するほかは、日常生活に支障をきたすこともありません。

ただし既往症・病歴によっては適応されないケースもあります。