磁気刺激療法は、脳血流にもプラスの効果を与えますか。

磁気刺激療法が脳血流にどこまで関係してくるかは不明ですが、うつ病の改善に必要な第1は、ストレス環境からの解放です。

順を追って関係性を説明しましょう。

■第1にはストレス環境からの解放。

うつ病で一般的に言われているのは、ストレスからくる心因性の障害です。

第1にはその環境を改善してストレスの大もとを取り除いてやることが大事です。

うつ病が進行する過程で、血流が悪くなって、脳や心臓などの部位にマイナスの影響が出ることも十分に考えられます。

磁気刺激療法が脳血流にどの程度の影響を与えるかはわかりませんが、ゼロでないことは確かです。

ただし磁気刺激療法によって血流にプラスの効果があるとしても、“広い範囲に一度に”という効果ではないと思います。

■血流と磁気刺激療法の関係は薄い。

なぜ、“広い範囲に一度にではない”と言い切れるかというと、磁気刺激療法は、目的とする脳のごく限られた部位にピンポイントで磁力が送り届けられるからです。

影響を与えるのは脳の神経細胞や機能などで、それが直ちに血流に影響するとは考えにくいメカニズムだからです。

むしろ電気ショック療法であれば、脳全体への刺激になるので、その時点で血流にも影響を及ぼすでしょう。

ただしそれがプラスなのかマイナスの影響なのかはわかりません。

■うつ病の改善に脳血流の円滑化は必須ですが、うつ病は脳の機能障害ではなく、心因性によるもの。

日常の思考や生活スタイルを変えましょう。

うつ病の改善に血流を意識するのはいいことですが、順位としては日常の環境改善のほうが先です。

次に食生活、運動習慣などです。

ヨーグルトはうつ病に効果があると一部で言われているそうです。

試してみてはいかがでしょう。

ヨーグルトでうつ病改善≫http://www.j-cast.com/healthcare/2016/08/03274279.html?p=all

磁気刺激療法でうつ病改善をめざすのも効果的ですが、まずは医師の指導にしたがって投薬療法を持続させましょう。

Comments are closed.