磁気刺激療法が今後、保険診療になる見込みは?

磁気刺激療法は評判のいい療法ではありますが、保険適用になったり、治療代が下がったりする予兆はありません。

見込みもゼロです。

理由をお話ししましょう。

■国の医療費が極端に逼迫していること。

磁気刺激療法が、「今後、保険診療になる見込みはあるか」、また「治療費が安くなる見込みは」とのことですが、結論から言ってしまえば、希望は限りなくゼロに近いと思います。

理由は2つあります。

1つは、国家財政の問題です。

現在の日本は医療費が年々増加している傾向にあり、これを国はできるだけ抑制させようと必死です。

たとえば薬代の安いジェネリック医薬品への切り替えや高齢者医療費負担の切り上げなどです。

仮に150万円とか200万円とされる磁気刺激療法が保険適用になれば、国の破綻に向かって導火線に火を付ける結果になりかねません。

気になるNews:ついに40兆円突破、医療費の膨張止まらず

■憲法で保障された枠外の治療法であること。

2つめの理由は、憲法で保障された「国民の権利の解釈の枠を逸脱してしまう」からです。

うつ病などは難病には当たらず、投薬療法という手段がその前に残されています。

憲法では「最高の医療を国民に受けさせるべき」とは規定していません。

難病でもない病気に巨額の費用を国が負担することはあり得ません。

■上記のような理由から、磁気刺激療法が保険適用になることはないでしょう。

現状の治療費が安くなることも考えにくい状況にあります。

医療費・治療費が安くなるには、磁気刺激療法を利用する患者数が増えて、投資した金額をクリニックが回収しやすくなる状況になることが条件です。

現状において磁気刺激療法の設備を導入しているところは少なく、利用者数も相対的に少ないことから、値下げの環境にはありません。

Comments are closed.